イギリス流、お家(シェアフラット・シェアハウス)の借り方&探し方とおすすめの時期

イギリスのワーホリで、いざ困るのが家の探し方。

  • どうやって探したらいいんだろう?
  • 借りやすい時期はいつだろう?

そんな悩みを抱えている方に、この記事ではわたしが実際にイギリスの家探しで経験した

「シェアフラット」「シェアハウス」を借りる方法についてご紹介します。


住まい・家の探し方

イギリスでお家を借りる場合、探し方は大きく分けて2つあります。

  1. イギリス現地のサイトを使って借りる
  2. 日本人用のサイトを使って借りる

ひとつはイギリスの企業が運営しているお家を探す「現地のサイト」で見つける方法。

もう一つは、日本人が運営し、イギリスにワーホリ・留学している日本人が情報交換するサイト「mixB」で見つける方法。

イギリス現地のサイトはもちろん全て英語。日本の情報交換サイト「mixB」は日本語でやりとりをすることもできます。

メリット デメリット
現地サイト 家賃が安い 全て英語
mixB 日本人に慣れてる大家さんが多い 家賃が高い

どちらを利用するかは、自分の経済レベルと英語レベルに合わせて選ぶと良いと思います。

ちなみに「mixB」はロンドンの情報が多いので他の都市に住みたい場合はほぼ載ってないので期待薄です…!(経験済)

ひとつずつ順に紹介しますね。




  

1. イギリス現地のサイトを使う

大まかな流れ

  1. WEBサービスに登録する
  2. 条件を選択し、物件を検索する
  3. 気に入った物件にコンタクトをとる
  4. 内見する
  5. 契約する
  6. 前金(デポジット)と家賃を支払う
  7. 引越す(入居する)

イギリスのお家(シェアフラット・シェアハウス)探しは日本と違い、

仲介エージェント(suumoとか)を通さずにwebサイトを使って直接大家さんとコンタクトをとり、家を決めるのが一般的です。

空き部屋が出そうなとき、大家さんはWEBサイトに写真や説明を記載した広告を載せます。

そして借りたい人がそこに直接コンタクトをとり、内見し、契約をする。といった流れになります。



2. 日本人用のサイトを使う

mixB

イギリス生活を送る日本人が情報交換をするサイト「mixB」

MixB | イギリス・ロンドンのコミュニティサイト、クラシファイド掲示板

イギリス・ロンドンの不動産、求人、コミュニティ、個人売買、帰国売りなどの情報が多数掲載されているクラシファイド掲示板です。 イギリス・ロンドンの生活情報をお探しの方は是非ご覧ください。

こちらは全て日本語で書かれています。

とくにロンドンの生活情報に特化している印象です。



おまけ:家探しをする時期は「8・9月」を避けよう!

9月から新学期のイギリス。

大学に入学する新入生たちは9月に向けて夏から家探しを始めます。

出遅れた人は9月の新学期直前から探すそうですが、どちらにせよ8〜9月は上記に載せたwebサイトから物件が消えると言われるくらい空き部屋も秒で埋まります。

さらに言うと1日何十件もコンタクトがくる大家さんもそんな状況で「英語がおぼつかないアジア人」と住むより、「英語が堪能なイギリス人」とシェアしたいですよね。

そういったことから、8〜9月はわたしたちにとってdisadvantageな状況なのです。。

ほかにも12月の年末も難しいのかな?と思います。まずどの家もクリスマスホリデーで外出していて内見を受け付けてないところが多いとか。

ということで家を探すなら8月・9月は避けましょう!



まとめ

家探しのポイント
  • 家探しには「現地サイト」「mixB」がおすすめ
  • どちらを使うかは自分の経済力と英語レベルで判断しよう
  • 時期は8・9月を避けたほうが勝率高し

以上です。ちょっとでも役に立つといいのですが………。

他にもお家探しで何か気になることがあればぜひお気軽にコメントしてみてください。

追記したいと思います 😉

お家を借りるコツは「《イギリスで家探し》シェアフラット・シェアハウスを効率よく借りる方法」をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です